“関東の沖縄”とも呼ばれる千葉県勝浦市鵜原。三島由紀夫さんら与謝野晶子さんといった文豪が愛した国定公園鵜原理想郷、鵜原海岸、千葉県無形文化財大名行列など、自然・文化ともに豊かな地域。鵜原からの情報をお伝えします

鵜原海水浴場は遊泳禁止in2020年。守ってほしい3つのこと

7月中旬から8月中旬にかけて開設している鵜原海水浴場について、2020年は開設が中止

7月中旬から8月中旬にかけて開設している鵜原海水浴場について、2020年は開設が中止となります。ライフセーバーが不在となるため、鵜原区では遊泳を控えるよう要請しています。

鵜原海水浴場・鵜原海岸にお越しの際は、以下のお願いを守っていただきたく、お願い申し上げます。

①ゴミは持ち帰りましょう

海水浴場が開設されないため、ごみを捨てる場所およびカゴはございません。発生したゴミはお持ち帰りするようお願いいたします。

例年、海水浴シーズンが過ぎた時期、海岸などに缶、花火、バーベキューセットなどのゴミ捨てが後を絶ちません。

キレイな環境を維持するための活動にご協力をお願いいたします。

7月中旬から8月中旬にかけて開設している鵜原海水浴場について、2020年は開設が中止

②ライフセーバー不在、遊泳は控えましょう

海水浴シーズン中は普段、遊泳者の安全を見守っているライフセーバーが不在となります。遊泳は控えるようお願いいたします。

7月中旬から8月中旬にかけて開設している鵜原海水浴場について、2020年は開設が中止

ちなみに、監視所も救護所も開設されません。鵜原区では「遊泳は極めて危険です」とアナウンスしています。

7月中旬から8月中旬にかけて開設している鵜原海水浴場について、2020年は開設が中止

③海岸での花火、たき火、バーベキューは禁止です

鵜原区では浜辺でのバーベキューを禁止しています。バーベキューから発生した油などの汚れが鵜原湾内の魚介類に与える影響、ゴミの発生、騒音を防ぐ観点からのものです。

多くの皆さまのご協力をお願いいたします。

7月中旬から8月中旬にかけて開設している鵜原海水浴場について、2020年は開設が中止