“関東の沖縄”とも呼ばれる千葉県勝浦市鵜原。三島由紀夫さんら与謝野晶子さんといった文豪が愛した国定公園鵜原理想郷、鵜原海岸、千葉県無形文化財大名行列など、自然・文化ともに豊かな地域。鵜原からの情報をお伝えします

ヤフーニュースTOPにも載った鵜原の「天井を突き破る祭り」とは

ヤフーニュースTOPにも載った鵜原の「天井を突き破る祭り」 鵜原地区八坂神社祭礼

「天井を突き破る祭り」――。Yahoo!ニュースのトップにこんな見出しと画像が掲載されたのは2014年のこと。朝日新聞デジタルで配信された記事が、Yahoo!ニュースのトップで掲載されたのでした。

ヤフーニュースTOPにも載った鵜原の「天井を突き破る祭り」 鵜原地区八坂神社祭礼
Yahoo!ニューストップ(2014年7月)より

「天井を突き破る祭り」とは、千葉県八坂神社祭礼の「宮入り」。毎年7月の第4土曜日の祭礼(本祭り)の深夜、神社の拝殿の中で行われる神輿を担いでもむ、恒例行事です。

神社の拝殿の中で神輿を担ぐ行為自体、全国的にも珍しいとのこと。「浜の勇壮さを示そうと始まった行事がいつしか定着した」(朝日新聞デジタルより)そうです。

ヤフーニュースTOPにも載った鵜原の「天井を突き破る祭り」 鵜原地区八坂神社祭礼
拝殿の中で神輿を担ぐ「宮入り」(撮影はZENZさん)

この「宮入り」は祭りのクライマックスと位置付けられており、鵜原区民・鵜原出身者・近隣地域の方々の多くが足を運びます。

担ぎ手の「で~りんで~と」「でんでと」という勇壮なかけ声の中、神輿を担ぎ・もむ様子は圧巻。ぜひ動画を見てみてください。

2020年はあいにく、新型コロナウイルス感染症拡大のため、八坂神社祭礼は中止となりました。2021年、再び「天井を突き破る祭り」が行われることを祈って。

2014年の鵜原の祭礼(動画は朝日新聞)
2019年の「宮入り」(約12分)